連絡先はこちら!

不安やストレスからくる息苦しさを痛くないヨガを使って解消

子供に性を教えることできる?質問に答えられる?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
山本えみり ヨガセラピスト・イタリア在住20年くらい・物書き・料理講師 ヨガの体にアプローチする部分だけではなく、呼吸からメンタルまで効果があることを伝えたいです。 痛くない、簡単、でも自分の意思で元気になっていく!ことだって可能だよ! 好きなこと ベジ料理・どっか知らないところで写真を撮ること・新しい体験・人を笑わせるような物を書くこと

うちはね、二人の娘がいるの、もうそろそろ、いわゆる、思春期。10歳と12歳なの。

でね、よくママ友から言われるのは、どうするの?彼氏とか、もうすぐ連れてくるようになるわよ、っていうことなんだけど。

なんで、どうする?なんだろうなーーっていつも思ってるの。

だってさあ、彼氏できるの当たり前だし。性の話するよ、私だって。

 

親とだとセックスの話ができないわけじゃない。

親だから照れる、っていうのもあるかもしれない、でも、妊娠する可能性だってある、そういう責任のある行為をしているってこと、を分かってもらいたい。

分かった上で、ラブしてほしい。楽しんでほしい。

コンドームは使ったほうがいいし、使えない彼とは付き合うの考えたほうがいいとか、排卵日もあるから、そういうことも考えたほうがいいとかね。

子供を作ることだって、いつ作るか、どういう状況で作りたいか、自分の人生設計も、考えなくちゃいけないよってことは、きちんと教えるつもり。

 

話ができる親になる

だって女性は、子供を作れる時期だって、限られてるでしょ。

そういうこともためらうことなく、知っておいてほしい。

子供が欲しい、人生なのか、いなくてもいいのかも、ぼんやりとでも、頭に入れておいて欲しい。

私だって、ティーンの頃もあったし、彼氏もいた。そういうこと隠しても、全然意味ないと思う。

私も、長い人生、「子供できちゃったかも。。。。」って怯えてたことが何度があったことか。コンドーム使っててもね、そういう心配って女性にはあるし。

そりゃあ、教えるよ、自分の経験、いいことも悪いことも親だから。

あのね、娘が変なことして、変なことにならないように、とかは思わない。そんなんおかしい、変なことって何よ。わからない。

きちんと情報は伝えないで、恐怖だけ伝えるのもう終わりにしようよ。

性は汚い行為だってことだけ、無理やり押し付けないようにしようよ。

 

性行為は、大切なこと。欲のはけ口ではなく、尊いことだということもきちんと伝える。

夫と性行為して、娘が生まれたんだから、それは素晴らしいことでもあったんだからね。

究極のコミュニケーションだってこと。

愛を感じる素晴らしいもの。

性は汚いことや恥ずかしいことではなくって、素晴らしいことだってこと、一度でもいいから伝えておこう。

もちろん簡単じゃない、問題だって出てくる。

そういうこともあることも伝えてあげよう。

 

若すぎる妊娠で後悔!親なら、責めるのではなく寄り添うのが愛情!

これは妊娠だけじゃないよね、全てのことに言えるよね。

娘が彼氏がいる年になったら、きちんと自分の体は自分で管理できるようになってほしいと思う。

でもね、もしかしたらうちの娘だって、10代で妊娠しちゃうってこともあるかもしれない。

辛いことだけど起こるかもしれない。そういうこともきちんと母親に話せる子供になってほしいんだよね。

私の娘が、ふしだらで、だらしない子であってほしいんじゃなくって、何があっても、近くにいれる親でいたい。

彼女だって苦しんでるし、苦しむだろうし。

それをね、一方的に責めたりは決してしたくないんだ。

彼女の方が傷ついてるのに、私が、パニクるのはよくないし。

産むにしろ、産まないにしろ、彼女の決断を尊重するつもり。

 

産まないのなら、病院に、きちんと付き添ってあげたいし、一人でそんな辛い経験して欲しくないって思う。

 

親なのに、信頼できない!そんな親にならないようにしよう。

それくらい腹据えてたら、娘が彼氏連れてきたくらいでビクビクしない

 

きちんとそれまでに、信頼できる関係を作っていきたいなって思ってる。

子供をコントロールするのではなく、信頼関係を作っていくのが重要じゃない。

 

心配するくらいなら、心を開いて話せば、きちんと聞いてくれる。

そして、子供の意見もきちんと聞こう、受け止めよう。

性の汚さや、恐怖や、猥褻さだけを教えるのは良くない。

だからさあ、親に黙って援交とかになるんだよなーーとも思ってる。

誰も性の大切さを教えてくれないから、商品になっちゃう。

毎日積み重ねで親子の信頼関係作っておけば、隠し事しないし隠すようなことなんてないよって、わかってくれる。

その方が私にとっては重要。

お母さんは敵じゃないんだなって、それだけでもいいやって思ってる。

だからね、性のことは、きちんと話はする、何かあった時は、助けてあげられるような信頼関係を作ってる。

何かあったら、真っ先に助けてあげたいと思ってるし、真っ先に助けを呼びに来て欲しい。

それを、責めたりしないようにしたいと思ってる。

 

そう思ったらね、そんなくだらないことで、心配しないじゃない。

 

成熟した大人になりたいし、親でありたいじゃない、せっかく親になったんだから。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
山本えみり ヨガセラピスト・イタリア在住20年くらい・物書き・料理講師 ヨガの体にアプローチする部分だけではなく、呼吸からメンタルまで効果があることを伝えたいです。 痛くない、簡単、でも自分の意思で元気になっていく!ことだって可能だよ! 好きなこと ベジ料理・どっか知らないところで写真を撮ること・新しい体験・人を笑わせるような物を書くこと

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ヨガの先生の癒し研究所 , 2018 All Rights Reserved.